2005年12月07日

soraのつぶやき

母が娘を18年“軟禁”義務教育受けさせず


 少女(18)が、生まれてからほとんど外出を許されず、義務教育も受けないまま育てられたことがわかった。
 母親(40)がネグレクト(育児放棄)の疑いもあるとみて捜査したが、養育を完全に放棄したとはいえないと判断、傷害容疑だけ立件した。

 テレビを見ないとの言いつけを守らなかったとして母親から顔や背中を殴られ、はだしで家を飛び出した。所持金はなく、同市内の公園で寝泊まりし、水を飲んで空腹をしのいだという。11月1日午後、通行人に助けを求め、保護された。

 少女の身長は小学校低学年並みの1メートル20で、かなりやせていた。ゆっくりとした会話はできるが、漢字の読み書きや計算はできない。

 事情聴取に対し「ずっと家の中で暮らしています。買い物もしたことがないし、友だちもいません」と話した。

 母親は、少女を就学させなかったことについて、「物を壊したり、排せつがうまくできないなど発育の遅れがあり、外に出すのが恥ずかしかった。他人の迷惑になるとも思っていた」と説明した。

 少女は父母と姉、兄の5人家族。父親は留守がちで、姉と兄は既に独立しており、ほとんど母親と2人だけの生活だった。

 


 これまた取り返しのつかない事件を起こしたもんだ!(怒)

 ここの家族最低です。母親は当然一番責任があると思うが、

 父親はいったい何をしていたんだ!(怒 怒)

 「外に出すのが恥ずかしかった。」ふざけんな!そんな理由で

 義務教育も受けさせず、18年も軟禁するなんて

 何の権利があってそんな事が出来るのか!?


 我が子は物?
 
 所有物?

 生きているんだ! 権利があるんだ!

 わたしはこの家族を理解できません。

 
 父親は外に出て仕事しているんだろ。
 事の重大さはわかっていたはず。
 客観的に判断できたはずだ。
 むしろ母親より父親の方が責任が重い
 と思ったのはわたしだけだろうか?




☆人気blogランキング☆ ←よろしくお願いします。クリック!





posted by sora at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。